何度も言いますが、どんな場面であろうとも入りから出まで羽生さんには1mmの無駄もないのです。

タイトルとURLをコピーしました