氷のカケラを咄嗟にシューーって端に投げ飛ばした羽生くんの姿、自分の中では琴線に触れるものだった…

タイトルとURLをコピーしました