この1か月、充実していて幸せで。でもその裏には羽生結弦として様々なことに時間を費やしてくれた過程があることも忘れずにいたいなって。

タイトルとURLをコピーしました