羽生君が丁寧に自分のもみあげを耳掛けしている。彼はこの衣装にどんな髪型、仕草表情が似合うかまでよくわかっていて一分の隙もない。

タイトルとURLをコピーしました