こんな感じでどうですか」。羽生さんは『仙台と共に、これからも前へ!』と神々しい一文を書いてくれた。

タイトルとURLをコピーしました