羽生くんのプログラムって数年たって演じられても色褪せない。彼自身がそのプログラムに対して更に技術を磨いて解釈して表現しているから。

タイトルとURLをコピーしました