「待って何このスピード感…?!」というくらいプロになっても羽生コースターは減速なしで急勾配で、それが嬉しくて幸せで、羽生くんありがとうございますという気持ち。

タイトルとURLをコピーしました