自分が持つ世界観で、肖像のイメージを壊さないように、誰が見ても羽生さんとわかっていただけるものをという気持ちで

タイトルとURLをコピーしました