羽生さんは震災で自分が失くさなかったからこそ失くしてしまった方々にどう寄り添えばいいのかをずっと考えてきた

タイトルとURLをコピーしました