競技会を離れプロとなり、⛸の発信ツールとしてSNS解禁となった羽生くん。 ちなみに。 彼が競技生活時代にSNSをしなかった理由、

タイトルとURLをコピーしました