大げさではなくゾクゾクした。エネルギッシュで、それでいて荘厳。

タイトルとURLをコピーしました