GIFTの物語で改めて思った。 彼はこんなに繊細な感受性と、子どものように無垢な心を、よく守ってこれたなと。悪意や嫉妬、そんなものをまともに受け止めながら。

タイトルとURLをコピーしました