→に、タラソワさんも羽生結弦だからこそ、この先もう現れないかもしれない最高の存在へ思いを込めたのだと勝手ながら解釈しています。

タイトルとURLをコピーしました